《鉄道》高松-東京寝台列車の旅 サンライズ瀬戸乗車記その2

車窓の風景

2011092410

荷物を片づけている間に

瀬戸大橋はとっくに過ぎてました。

とぎれとぎれのFMを聞きながら

部屋の明かりを真っ暗にして窓を開けてみると

北極星や星座たちと追いかけっこをするような情景です。


幼稚園の時、母親と乗った釧路から札幌までの寝台列車

小さい窓から見た夜景を思い出しました。

その当時と同じく夜中になっても全然寝られず

昔と変わらない自分が居ました。

駅に近づくたびにカーテンを開け

この電車のためだけに電気を付けて待っている駅や駅員さん。

線路の片隅で夜を徹して工事をしている人たち。

いつもは賑やかな大阪駅も、駅員さん1人だけ。

いつもは絶対に見られない風景がそこにはありました。


そして朝

3時過ぎまで起きてて

日の出も見ようと思ったのですが

ここで眠りについてしまい。

目覚ましで一度起きたのですが

まだ暗かったので再び寝てしまいました。


東京駅到着

2011092407

午前7時08分 定刻通りに東京駅に到着

いつも見慣れた電車と並んでいます。

2011092408

岡山駅で連結したサンライズ瀬戸とサンライズ出雲は

こんな形で合体してます。


200系新幹線がお出迎え

2011092409

東京から大宮までは新幹線。

白地に緑線のオリジナルカラーリング200系でした。

隣はN700系。新旧そろい踏みです。

寝台列車またいつか乗りたいです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA