《鉄道》高松-東京寝台列車の旅 サンライズ瀬戸乗車記その1

失敗

街をぶらついている間に

駅弁屋が閉まってしまいました。

おかげでアンパンマン弁当が食べられずがっかり。


車輌到着

2011092319

これがサンライズ瀬戸。

寝台ですがブルートレインではありません。

シャワー、ラウンジ、ジュースの自動販売機はありますが

食堂車はありません。

2011092320

クハネなんてなかなか見られない

ク 運転台(駆動から来てるのか?)、普通車(イロハのハ)、寝台車(ネ)


車輌内部

2011092321

都心でも見かける2階建て車両と同じです。

禁煙2階は取れなかったため

我慢して1階部分に乗車です。

2011092323

廊下はこんな感じ


2011092322

B寝台個室です。昔の寝台と比べると雲泥の差です。

目覚まし時計とNHK FMが聞けるラジオが付いてます。

ドアにはちゃんと電子ロックが掛かります。

2011092324

電源もあります、ひげそり用と書かれてますが普通の電源でした。


シャワー室

2011092402

車掌から買ったシャワーカード310円

2011092401

社内でしか買えない、手ぬぐいと歯ブラシセット 200円

バスタオルもなかったのでこれをバスタオル代わりにしました。


2011092403

シャワールームの脱衣所、狭くて全体が写りません。

2011092404

シャワールーム内。途中間違えて洗浄ボタンを押してしまい。

脱衣所の下からものすごい勢いの風が巻き上がりました。

隣にドライヤーもあります。

2011092405

シャワールーム。カード一枚で6分の時間制限があります。

リンスインシャンプーとボディシャンプー付きです。

途中ストップボタンでお湯を止めることもできますが

今回最初から最後までお湯を止めずにチャレンジしてみたところ

2011092406

残り21秒あまりました。

短髪ならノンストップで行けるかも。

シャワー浴びてる途中、どこかの駅に停車したせいか

2度3度側面に叩き付けられながらも

なんとか無事入浴完了

生まれて初めての電車で浴びるシャワーは格別なものがありました。

良い思い出です。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA