川越を歩く アンダーグラウンド編

最近は観光地として有名な川越です
今回は赤線跡を訪問します。

春日局、天海上人で有名な喜多院ですが
昭和30年代まですぐ裏に赤線あったとは
驚きです。

赤線のほとんどは料亭や旅館に変わりましたが
今回写真に収めた二件は
天ぷら屋と旅館でした。

銭湯を探していて見つけた飲み屋街
昭和30、40年代位でしょうか
震えるほど感動しました。

今度はiPhoneでなく一眼レフ持っていこうと思います

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA