これもスマートフォン?

Amazonから発表された電子ブックリーダー Kindle
EVDO網に繋いで電子書籍をダウンロードできるらしいのですが
その接続料がなんと無料。

SONYも電子ブックリーダー「LIBRIe(リブリエ)」をいち早く発売しておりますが
ブームを作れないままいつの間にか生産完了品に。
そしたら今度はAmazoneが発売です。
SONYと大きな違いはPCを介して電子書籍をダウンロードするのでは無く
あくまで本体をネットワークにつないで電子書籍をダウンロードすると言うところでしょうか
技術的にはE-Inkを使ってますので文字の見やすさなどは同じ
形状もかなり近いものと感じます。

しかしこの手のものはやはりソフトがそろわないと売れません。
この点はビデオゲームと同じだと思います。
SONYが運営するTIME BOOK TOWNで好きな作家を検索してみたのですが
殆どヒットしませんでした。
その点Amazonはいきなり9万点の書籍を用意。
しかもベストセラー書籍の殆どが9.99セント
日本で言うハードカバー千数百円で売っているものと思われます。
また新聞、雑誌も購入できます。

日本とネットワークの規格が違いますので
今すぐに発売とはいきませんが近い将来発売された場合
楽しみな商品ではあります。

最近アメリカ発の電子機器に
マニア心をくすぐられっぱなしです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA