子連れ旅行ケアンズ編 day2-3 ケアンズショッピングセンターへ

ケアンズ市街で朝食を探す

この旅ではオーストラリアのハッピーセットを頼むのが目的の一つだったが

JTBで聞いた街中のマクドナルドは見つけられず

海岸線のエスプラネード通りにある公園で小休止。

30分ほど街をブラブラする。

市街の大型ショッピングセンターケアンズセントラルショッピングセンターまで来た。

9時頃に到着したが、すでにほとんどの店が営業していた


※脱線してケアンズ(オーストラリア)の大型店舗を整理

大型ショッピングセンター(日本で言うイオン)には下記の大型店舗がテナントとして入っております。

同業他社だろうがなんだろうがお構いなし。オージーは体もデカいが器もデカい

  • Myer マイヤー( 百貨店 )
  • Target ターゲット( ディスカウントスーパー )
  • Corles コールス( スーパーマーケット )
  • Kmart ケイマート( スーパーマーケット )
  • Woolworth ウールワース( スーパーマーケット )
  • BI-LO(スーパーマーケット)※2021年現存せず

ケアンズセントラルショッピングセンターへ

参考画像:ケアンズセントラルショッピングセンター

ケアンズセントラルは鉄道のケアンズ駅も併設された大型ショッピングセンター

ケアンズ市内にはほかにも大型の店舗がスミスフィールドショッピングセンターがありますが

大きさとしてはケアンズセントラルの方が大きいようです。

(2021年現在:ストックランドケアンズという大型ショッピングセンターもあり、いつできたの?)


朝ご飯

ツアーデスクに聞いたマックではありませんが

ショッピングセンター内のフードコートにもマックがあり

子供のハッピーセットを注文したが(豪ではハッピーミールと呼ぶ)

メニューを指差して選ぶだけで注文できると思ったが

店員「テンオクロック・・」

「あぁ日本と同じで10時前は朝メニューしかやってないんだ」

あと30分もあるので少し待つ。

日本のハッピーセットと違いメニューは少ない

(たしか2種類だけでチーズバーガーセットとサンドイッチだったかな)


大人は日本食テイクアウトの「Fuji」(店員さんは日本人でホッとした)と

その隣のタイ料理の店でプレートを買う。

2021年現在も営業中しております。

プレートには好きな料理3つまで乗せることが出来る。

味は「Fuji」の照り焼きも、タイ料理のフィッシュも味付けは甘めでした。


朝食を食べ、ショッピングセンター内をぶらぶら。

吹き抜けホールでは何かショーが始まってました。大道芸かな?


ドーナツキング

次に気になったお店が

ドーナツキング」というミスタードーナツみたいなドーナツ店。

子供心をくすぐるドーナツ
一体ドーナツなのか駄菓子なのか

いかにも欧米の子供たちが好きそうな色とトッピング

大きさはミスタードーナツの2倍位。しかもすごい甘い。

商品の並び方も日本とは違って

同じカテゴリーの中に トッピングが違うものや色が違うものが並んでいるので

指を差しただけでは店員さんも分からない。

「This one」なんて中学一年生程度の英語で注文してたら

「その中のどれにする?」と返される。

ピンクを指差し「Pink!」と言ったら

「あぁストロベリーだな」だって。

この色がストロベリーか?という位の着色料だ

まぁ納得は行かなかったが買えたから良いか・・。

店員さんもわざわざ商品を取って

「これで良いか?」って聞いてくれる

やさしい店員さんだった


朝食の料理評。
照り焼き 甘
タイ料理 甘
ドーナツ 甘すぎデカすぎ
飲み物(ネスティー:ネスカフェの紅茶) 超甘すぎ(ただの色ついた砂糖水。2口飲んでギブアップした)

と完全に朝食からカルチャーショック

完全に打ちのめされた格好となりました。

オージーよ、これじゃあ太るよ。笑

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA