めざせ富嶽陥落! その1準備編

日本人なら人生で一度くらいは富士山に登ってみたい

この歳になって何を考えたか
若いころにやってみたかったリスト上位の
富士登山を思い経った。
(まぁ実際登山をする人の平均年齢はかなり上であるけど)

驚いたのは古くからの友人3人の殆どが
同じ思いを抱いていた
そのうち2人はわざわざ北海道から来てでも登りたいと言う
本当に俺達はバカだ。

登山の1週間前まで4人で行けるか半信半疑のまま
刻々と時間がだけが過ぎる
そんな間も登山の装備を揃えたりしていた

登山靴:メーカーはキャンバスという日本の会社
GORETEXを使っているが値段は1万2000円程度
初心者にはこれで十分(らしい)

杖(ポール):友人に頼んでわざわざ札幌から持ってきてもらった
1千円。安い!降りた後の感想としてはこれで十分過ぎるほどのものでした。

レインコート:GORETEXの生地を使ったものが欲しかったが
値段が高すぎ、この登山一度で終えるなら勿体ないと思い
ミズノ製ベルテックレインウェアを購入。GORETEXほどではないが
透湿、防水を備えるレインコート、お値段はそれでも1万円ほど

ザック(バックパック)は以前から使用していた30リットルの物を使用。
靴下、手袋、サングラはもスキーで使用したものを流用。
帽子はランニングで使用している多少撥水性のあるもの
防寒着としてフリースやスパッツ。これもスキーで使用したもの

ここまで費用2万円オーバー。
登頂成功でプライスレス・・・。
とは思いません。

河口湖までの足になる
レンタカーを予約したのは2日前
本当に行けるんだろうか?

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA