《旅行》愚者の旅2010 ゴールドコースト回顧録5日目その2

港から迎えに来ていたタクシーに乗り
ものの15分ほどでブリスベン国際空港に到着
この時点で行きのタクシーが2倍も払ったことに気がつく

ゴールドコーストまでのバスを予約

ここでもインド人のまったく気を使わない早口な英語に苦しめられる。
まぁいつものように大人2人、子供2人、片道、ゴールドコーストって言えばわかってもらえる
バスの出発まで30分ほどあったので
空港を散策
JALも乗り入れしているが
今回のリストラ騒動で撤退するようだ

バスの運転手に荷物を預けたら
カタコトの日本語で
日本人ですか?と尋ねられた
そうですと答えたら。
私の妻は日本人ですと
それ以上はあまり喋れなかったのか話は終わったが
オーストラリアは日本人妻が多い。

2010071011

バスはコーチトランス社。

予約客が居たのか
出発時間になってもなかなか出発しない
運転手さんは電話をしながらお客さんを探しているようだ

30分ほど待ったろうか
飛行機の到着が遅れていた家族連れがついた
めずらしい読み方の多いオーストラリアの地名や通りの名前で
当てっこゲームをしていた。

ホテルにはだいぶ遅くについた
長期滞在者用のホテルのせいか
入口の自動扉はカギが掛っていて入れず
たまたま居た滞在者と一緒にロビーまで入ったが
フロントは閉じられていた。

ここでもやさしいオージー♀が
外にインターホンの電話があることを教えてくれたが
もちろん英語にそれほど自信があるわけでもないのでビビりながらも
まず日本人であること(予約名簿に日本って書いてあるから、英語得意じゃないよって意味も含めて)、
そして予約していたってことと、あと名前言ったら
なんだか指示が出た
遠隔で自動ドアあけるからロビーに入って
フロントにあるなんとかBOXがあるから4ケタの番号とハッシュを押せと

ハッシュとハッキリ聞こえたが
ハッシュって何?
まぁ出来る限りやってみようと
空いた自動ドアに入ってなんとかBOXを探す。
確かにフロントの横にミニ金庫を発見
4ケタを押すが、あとは数字以外には米か#しかない
※はアスタリスクで間違いないと思うのだが・・・
と、悩んでいたらさっきのオージー♀が
#を押せと教えてくれた。
中には名前の付いた封筒に部屋のカギが入っていた。

この場合海外ではシャープで通用しないようです。
シャープはあくまで音楽記号で横棒が斜め
こっちは横棒がまっすぐな為、全くの別物
ハッシュ#  シャープ♯
良く見なくても確かに別物です。

この記号ナンバーサインとも呼ぶらしいが日本ではNo.と書かれる
ちなみに英語ではハッシュ、米語ではパウンド

この歳まで気づきませんでした
コンピューターキーボード半角の#はシャープではありません。

部屋の前にはテニスコート。1Fだから景色はイマイチ
晩御飯の買い出しに近くのチャイニーズ経営の小さいスーパーへ
この数日間に使う食材にアイスクリームなどのお菓子類
バター1つとってもパッケージ見ただけではわからなくて探したり聞いたりする
こういったことも海外での楽しみです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA