愚者の旅2010 準備編 その1(電源)

いよいよあと半月に迫ったオーストラリア旅行

いまだにろくに予定も決まってないのですが

準備は着々と進めております。

 

いつも頭を悩ませるのは電源タップ

(米語だとoutletですが、豪州は英語なのでsocketで良いですか)

携帯電話、PC、ビデオ、デジカメ、一眼レフ、NitendoDS、eneloop

持っていく電化製品は数えたらきりがない

変換アダプターはいくつか持っているのですが

これってあくまで1個口ですので上記の電化製品を一度に充電することはできません。

 

そこで悩み解消!

海外モバイラーのためのブランド「ロードウォーリアー」のゴーコンタップタップを買いました。

対応電圧:100V~250Vで形状が違うプラグを3つまで差し込むことができます。

 

以前ロードウォーリアーのUSBポート充電アダプタを買ってるので

NitendoDSとeleloop、携帯電話はUSBポートで充電できるので

バッテリの予備もあるのでギリギリ一日で元の状態に復元できるかなって考えてます。

 

自分周りの電化製品のACアダプタは240Vまで対応してましたが

子供のNintendoDS LiteのACアダプタは120Vまでしか対応しておりません。

世界的ゲーム機がなんたることか。

こんなところをケチったのでしょうか?後継機のDSiでさえも240V対応していないようで

サードバーティー製のACアダプタが必要なようです。

 

やれクジラだ、やれイルカだと世界中が騒いでおりますが

今回の旅行で一泊だけ泊まる砂丘の島は野生のイルカに出会える数少ないところでありますが

しかし昔は捕鯨船の基地だったそうで、すぐ近くでホエールウォッチングなんかもできるみたいです。

そんなの見に行った日にゃ、日本人だからってなんか言われそうな気がしますが

その時はプライドをかなぐり捨てて I’m Chinese って言おうかなと考えております。

嫌がらせで大洋ホエールズの帽子でも被って行きましょうか

まぁ英語わかんねーな。きっと。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA