子連れ旅行ケアンズ編 day2-2 上陸そしてケアンズ市街へ

空港から外へ

やっと空港から外に出られた

熱帯雨林気候だが、空気もさっぱりしているが

海が近いせいかどことなく塩っ気を含んでいる

海は近い。


JTBラウンジへ

JTBが用意したバスに乗り込み

ケアンズ市内のラウンジ(JTBパラダイスラウンジ)へ無料で送り届けてくれる

途中、日が昇り、あたりは明るくなってきた。

JTBパラダイスラウンジは

大橋巨泉経営のお土産屋「OKギフトショップ」と同じ建物の2階にあった

2015年まではOKギフトショップ2階にあり、その後移転となりました。
https://www.google.com/maps/@-16.9231632,145.7781405,3a,75y,150.63h,88.94t/data=!3m7!1e1!3m5!1s-aZkyTrYE5hzy5mHRRT7RQ!2e0!5s20150501T000000!7i13312!8i6656

こちらでケアンズのこと、そして自分たちの泊まるホテルのこと、などの説明を受けた、

無料のコーヒーを飲みながら聞ける

旅行体験記でも説明が長くてうざいって書いてあったけど

説明とは名ばかりで、後半はほとんどオプションツアーの売り込みだ。確かにうざい。そして眠い。

我が家では、すでにオプションツアーはネットで申し込み済みだったので

本当に時間の無駄だった。

JTBのオプションツアーはその殆どが現地のツアー会社に委託しているとのことで値段も高い

少しうたた寝をしたり

建物内をぶらぶらし、オプションツアーの説明は聞かなかった。

だからと言っても、建物から出てもまだ午前7時前

開店しているお店も少ないので

建物の中でゆっくりしていた

ただ、唯一良かったのは

JTB内にDFSギャラリア(免税店)の出張通貨交換所(エクスチェンジ)が来ており

日本国内で換金するより安いレートだった

わざわざ日本で換金する必要も無かったのかもと正直思った1時間後やっと開放される。

初日は体も疲れているし

オプションツアーなどは入れていない。

ゆっくり買い物したり、街を散歩しようと思う。


いよいよケアンズ市街へ

JTBラウンジの一階が大橋巨泉の「OKギフトショップ

もちろんまだ店は開いていないが

大橋巨泉とキティちゃんのシャッターがかわいかったので

その前で子供の写真を取る

(2016年大橋巨泉さんがご逝去されました。さらにコロナ禍の観光客減で、

OKギフトショップもカナダやオーストラリアゴールドコースト店が閉店となりました

現在も営業中のケアンズ店はある意味貴重かもしれません。)

斜め向かい側には免税店 DFSギャラリア、その前も免税店があった。


地元スーパー、ウールワースで買い物

少し歩くと、ちょっと古めのスーパー発見

コンビにも探せばあったようだが数が少ないようだ

何でもそろうスーパーが朝からオープンしていて助かる。

このスーパー「WoolWorth(ウールワース)」では

ミネラルウォーターや子供のおやつ(チュッパチャップス)を買う

※「WoolWorth」は食品、玩具、日用品など何でもそろってる。

地元民が使うスーパーでオーストラリアでは最大のスーパーマーケットチェーンです。

ちなみにウールワースはここの店舗と

ケアンズセントラル(駅併設のショッピングセンター)

スミスフィールドショッピングセンターにも入ってました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA