東京拘置所周辺を歩く

東京拘置所周辺を散歩してみました。

近づくにつれその巨大な建物が見えてきます。

ヘリポートもデカい。

まるでスタートレック エンタープライズ号

災害時いったい誰を助けるのだろうか気になります。

s-IMG_3208

となりの建物は住宅。都営住宅かな。

ほぼ同じ敷地に感じます。

s-IMG_3209

目の前まで来ました。

大きな建物、そして土地も広い

黒い壁のように見目ますが

外部が見えないよう(外部に見えないよう)目隠しのカーテンです。

面会はお迎えもこちらからのようです。

日産のゴーンさんやピエール瀧の出てきたところです。

s-IMG_3211

正面向かいには

差入店と呼ばれるお店がありました。

この日は休業日でしたので中は確認できません。

冷やかしで入っても怖いですが。

ここを利用するメリットは

拘置所へ差し入れる際に

手続きが楽とかあるのでしょうか?

s-IMG_3212

さらに進むと廃墟化した家屋があります。

ドアや窓が壊れていて見るからに誰か勝手に住んでそう。

s-IMG_3219

次は日本保釈支援協会という古びたお家

保釈支援と聞こえは良いですが

ホームページを見ますと

立替金額50万円まで手数料一律10,000円(税別)

50万円増す毎に10,000円(税別)加算)

利率5% は安いか高いか。

s-IMG_3221

正門に来ました。

バリケードがリアル

s-IMG_3223

正門隣には煉瓦つくりの記念碑のようなものがありましたが

中には入れません。

s-IMG_3224

正門の地図ですが

先ほどの差入屋も書かれてます。

結構ずぶずぶな関係なのでしょうか

もしかして警察OBとか・・。

s-IMG_3226

拘置所裏側に来ました

こちらは住宅街

拘置所のグラウンドでは

近所のサッカー少年団がサッカーをしてます。

普通の公園かと思い金網の扉を開けようとしましたが

もちろんガッチリと鍵が掛かってました。

ごめんなさい。

奥に見えるのが 旧小菅拘置所

有名な近代建築です。

s-IMG_3233

年に一度中に入れる公開日があるので

次回必ず訪問したいと思います。

拘置所から一番近い駅

小菅駅に来ました。

本当分かりづらい駅です。

ナビを使っても迷います。

s-IMG_3236

小菅駅周辺地図

拘置所の名前はありません。

暗部を隠そうとしているのでしょうか

s-IMG_3237

小菅駅もっと目立っていいんだけど。

s-IMG_3235

拘置所周辺は住宅街が広がり

思った以上に明るい町でした。

ただこの日は日曜日だったため

これが平日だったら警察車両や

差し入れ、お出迎えの連中が多いのかとも思い

良い思い出のまま心にしまっておこうと思いました。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA