広島 被ばく建築訪問 その2

被爆建造物めぐり

次は 旧日本銀行広島支店

爆心地から380m

 

目の前を市電が行き交う

撮り鉄には最高の場所

この写真を取っているのは歩道橋の上

2014031609

日本銀行の建物は堅牢性はあったものの

吹き抜けの天井から熱風が入り

こちらでも多くの人が亡くなった。

経済の中心ということもあり原爆投下から2日後には

業務を再開したという。

 

以前窓口だった1階ホールでは

学生さんたちがアート制作

2014031610

 

1992年まで業務を行っていたため

行内はきれいでところどころに営業の看板などが掛けられている

2014031612

 

地下には巨大な金庫室

ここも一人であるくには結構薄気味悪い。

2014031611

 

次は袋町小学校

爆心地から460m

2014031613

2000年に新しい校舎に建て替えたため

被爆した校舎は一部を平和資料館として残しました。

残念ながら内部は写真が撮れませんが

ここは写真ではなく

実際に行って記憶に留めておくことをお勧めいたします。

 

原爆投下された時は

生徒教員160名ほどが朝礼の為校庭に出ていたところで被爆

地下にある下駄箱から遅れて校庭に出ようとした生徒1人だけが

助かったそうです。

 

校舎の保存のため漆喰の壁をはがしたところ

安否確認のため記した文字が壁の中から

数十年ぶりに発見され現在見ることができます。

壁、階段、すべてが当時のまま

8時15分で止まった時計

遺品の品々。

 

当時のままの階段を上がると

そこには全国から寄せられた千羽鶴や祈りの品々があり

何かこみ上げるものがあります。

同じくらいの年齢の子供を持つ親として

この建物の記憶は一生忘れないと思います。

 

次は本川小学校へ

爆心地から410m

こちらは学校敷地内に資料館があるため

日曜日はお休みです。

はだしのゲンに出てくる小学校としても有名です。

 

残念ですが外から写真だけ撮りました。

またいつか訪問したいですね。

2014031614

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA